元治療家〜発〜身体・食・健康のほんとの最新情報 !

アクセスカウンタ

zoom RSS 身体の為の・・・ △△の秋∂

<<   作成日時 : 2006/11/08 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

♪心と身体の為の秋、3部作の第2弾!
第1弾とは違う、それぞれの秋。今宵の秋は何色?
画像
 
〆この写真の場所がどこだかお分かりかな?!
一見すると、外国、それもヨーロッパ辺りのように見えますが さにあらず。
よく見るとわかると思うが、実は、れっきとした我が日本国です。
何処にあり、何という名前かと言うと・・・・。
写真を見ただけでわかった人は中々の方ですよ。

〆実は、東京・四谷にある「赤坂離宮」と呼ばれる建物で
一般的には「迎賓館」という呼び名で親しまれていますね。
この「迎賓館」。ご存知の人も多いと思いますが、主に外国の大統領や
首脳陣などの来客がある時に、晩餐会、まぁ、夕食を振る舞いながら
もてなす と いうことですね。
この「迎賓館」がすごいのです。何がすごいかと言えば、すばらしくすごい!
まぁ、その事はまた後で触れたいと思いますが・・・。

〆第2弾は芸術の秋をテーマにて話をば・・・。
芸術もしくは芸術作品と一口に言っても色々ありますが、ともかく
芸術作品に触れて、接して、そして感動を味わって下さい。
笑いもそうですが、感動する事も、身体の力を引き出します。
力が湧き上がります。と、言う事は、当然、身体の免疫力や抵抗力を
UP!させます。感動して免疫力アップならいいですよねぇ〜。
その感動をする・呼ぶ、方法は色々ありますが、比較的味わうのに適した方法が
芸術に接する・触れる事ではないかと私は考えています。
勿論、人それぞれですから何でも構わないのですが、
美しいものを見たり・接したり、あるいは本当に美しいものを見抜く目を
持っている人は、人生が精神的な意味で豊かになるのは勿論、
人間が聡明になります。

〆絵画や彫刻、工芸品、あるいは、芝居・ダンス・バレエなどの舞台、ミュージカル、
その他の最近色々ある身体を使ったパフォーマンスなどの公演、
音楽もそうですね。生のコンサートも良し、CDなどで聞くもよし。
ロック(と、一口に言っても最近は結構幅広いです)・ポップス・
ジャズ・フュージョン・クラシック・ラテン・サルサ・シャンソンその他。
ジャンルを問わず良いものを幅広く。
映画も見たり。ただ、美術品は最近、数多く展示会が行われていますので
美術館などに行って直接見て下さい。
しかし、私が思うにこういった様々な芸術作品がありますが、
人間の優れた才能で築き上げたどんな芸術作品もかなわないのが
やはり、自然の感動風景だと思うのです。ですから、環境の事、考えましょう!!

〆そして、最初の話に戻りますが四谷の「迎賓館」。
ここは、正に建物を含め、美術・芸術品の宝庫ですよ!!
この「迎賓館」。実は、一般公開を毎年夏ごろしております。
その時期に各国の首脳及び関係者が、日本に来日していなければ。
但し、5月の連休前後だと思いましたが、見学したい人を
都民版とか区報などの新聞で募集を小さく載せています。
人数限定なので抽選と言う形になります。
見事、「抽選に大当たり」ということになれば、はがきがきます。
私は、もう10数年前に一度行きました。
中には、何回も申し込んでも抽選に当たらない人もいる中、
何と、初めて申し込んで一発で当たりました。
そんな訳で、見てきたのですが、美術品や建築物に興味ある方は
申し込んでみたら。

〆但し、残念なお知らせです。こうして「迎賓館」の事を書くのに
改めて調べたところ、何〜と!今年の1月から再来年の3月まで
改修工事で一般参観は中止との事。詳しくはここに
ですので、ここで少しご覧下さいませ!!
画像
正面の外観です。正に西洋のお城・宮殿といった感じです
画像

画像
「彩鸞の間」という名の付いた晩餐会や条約・協定の調印式や国・公賓とのテレビインタビュー等に使用されている。
画像
「花鳥の間」。天井や壁に絵や装飾品が飾られている
画像
天井に描かれた「朝日を背にして女神が香車を走らせている姿」の絵に由来し、「朝日の間」と付けられている
画像
「羽衣の間」。晩餐会の招待客に食前酒や食後酒を振舞う場として使用
画像
これぞ!まさに、プレミアムです!「迎賓館」参観出来た人のみ、中で買えるお土産用の絵葉書。右の絵葉書は「朝日の間」の天井の「朝日を背にして女神が・・・」の絵です。

〆どうですか?これらの画像を見れただけでも幸せでしょう!^_^♪
まぁ、冗談はさておき、それぞれに好きな芸術に見て・触れて
芸術の秋を堪能して是非に、健康の為にも感動を味わって下さい。
画像

◇◇◇治療院の案内はこちら◇◇◇◇◇◇◇この治療で対応可能な可能性のある症状は◇◇◇◇◇◇◇
化学物質過敏症,深在性真菌症、慢性疲労症候群、再生不良性貧血、動脈硬化症、糖尿病、
リンパ浮腫、血栓症、Evans症候群、血小板減少症、っ血性心不全、ネフローゼ症候群
血栓塞栓症(血栓性血小板減少性紫斑病など他)、不応性貧血(骨髄異形成症候群)、
溶血性貧血(自己免疫性溶血性貧血など他)、骨髄線維症、各種血栓症側頭動脈炎、
結節性多発動脈、バージャー病(ビュルガー病)=閉塞性血栓血管炎、高脂血症、
ウェゲナー肉芽腫症(血管炎症候群)、アレルギー性肉芽腫性血管炎((チャーグ・ストラウス症候群)、冠動脈狭窄症、大腿動脈狭窄症、心筋症、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、肺梗塞、
腎梗塞、肝梗塞、腸梗塞、原発性免疫不全症候群(細胞性免疫不全症など他)、リウマチ、
悪性関節リウマチ(MRA)、関節炎、全身性エリテマトーデス(全身性炎症性病変)、
大動脈炎症候群(高安動脈炎)、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)、甲状腺機能低下症、
これらのこ諸症状の治療に関しては、こちらをご覧下さいアルドステロン症、副腎酵素欠損症、プリオン病、線条体黒質変性症、筋ジストロフィー、
パーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)、筋萎縮性側索硬化症、重症筋無力症、
ギラン・バレー症候群、ミトコンドリア病、水頭症、正常圧水頭症、メニエール病、スモン病、
バット・キアリ症候群(下腿浮腫、腹水、腹壁皮下静脈怒張など)、胆石症、肝内結石症、
膵炎、脊柱管狭窄症,脊椎側彎症、背中の痛み、腕のしびれ、ゆび(指先)のしびれ、
足のしびれ、ひざの痛み、尿酸性膝関節炎、ひざに水がたまる、半月板損傷、金属アレルギー、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性紫斑病、顎関節症、ウェルナー症候群、ポンペ病、
プロジェリア、四十肩・五十肩・肩関節周囲炎、胸隔出口症候群、頸肩腕症候群、
肩腱板障害、肩関節症、肩甲骨内上角滑液包炎、習慣性肩関節亜脱臼、頸髄腫瘍、
頚椎症、内頸動脈狭窄症、アナフィラーキシー・ショック、オスグット(成長痛)、ガングリオン、
起立性調節障害、チック症、ペルテス病 、筋性斜頸、ターナー病、ダウン症、脳性麻痺、
幼児自閉症、クレチン症、無痛無汗症、セル・ライト、プチ更年期症(障害)、など他
◇◇◇治療院の案内はこちら◇◇

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
身体の為の・・・ △△の秋∂ 元治療家〜発〜身体・食・健康のほんとの最新情報 !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる